【マラソン期間中P5】ソファー座椅子/フロアチェア 【イエロー/グレー】 北欧風 ツートーンカラー リクライニング 『ピグレットJrノルディック1P』 座椅子
【マラソン期間中P5】ソファー座椅子/フロアチェア 【イエロー/グレー】 北欧風 ツートーンカラー リクライニング 『ピグレットJrノルディック1P』 座椅子
ds-2251932-6886
14,009円 28,589円



【沖縄・離島への配送はできません。】

■サイズ・色違い・関連商品

■BL/GRY
■GN/GRY
■YE/GRY[当ページ]
■RD/GRY

関連商品の検索結果一覧


■商品内容

ピグレットJrタイプの追加機種です。ツートーンカラーの北欧色で、お部屋のアクセントになるようなデザインとなります。他シリーズのピグレットと同様にソファにも使われるポケットコイルを採用しているので、クッション性抜群。41段階のリクライニングが可能ですので、お好みの角度で調整可能です。座面部分はグレーがベーシックな仕様となり、背のカラーのみ4種から選択可能です。


■商品スペック

【商品名】ピグレットJrノルディック1P YE/GRY
【サイズ】W650×D810-1320×H620-240×SH240mm
【重量】10kg
【材質】スチールフレーム、張地/布、内材/ウレタンフォーム、ポケットコイルスプリング(64個搭載)
【付属品】操作説明書・取扱説明書
【生産国】中国
【特記事項】
・イージーロックギヤ採用
・背リクライニング機能41段階
【注意事項】
付属の取扱説明書を参照して下さい。



■送料・配送についての注意事項

●本商品の出荷目安は【3 - 9営業日 ※土日・祝除く】となります。

●お取り寄せ商品のため、稀にご注文入れ違い等により欠品・遅延となる場合がございます。

●本商品は同梱区分【TS2321】です。同梱区分が【TS2321】と記載されていない他商品と同時に購入された場合、梱包や配送が分かれます。

●本商品は仕入元より配送となるため、沖縄・離島への配送はできません。
LeTRONC

EDIT ・ POST

角や色の由来は? 「鬼と仏像展」で学ぶ、鬼の豆知識

東京都 > 表参道・青山

【マラソン期間中P5】ソファー座椅子/フロアチェア 【イエロー/グレー】 北欧風 ツートーンカラー リクライニング 『ピグレットJrノルディック1P』 座椅子

【在庫目安:あり】【送料無料】Canon 3020C003 トナーカートリッジ055H ブラック| トナー カートリッジ トナーカットリッジ トナー交換 印刷 プリント プリンター

ブラザー工業 トナーカートリッジ(大容量) TN-297M(代引不可)

アートを通して鬼の正体に迫る!「鬼と仏像展」

鬼の陶器立体作品(松本慶一郎氏)

芸術性の高い仏像の展示で人気のイスム表参道店・仏像ワールドギャラリーで開催されている「鬼と仏像展」では、様々な鬼に関する作品が並びます。一見、恐ろしいイメージの鬼も、作品では人間味のある愛らしい姿で私たちを引きつけます。また、展示では、鬼の謎に迫るパネルを展示。鬼は、漂着した西洋人という説や大和民族とは異なる文化を持った辺境の先住民族の蔑称といった説があるなど、知識欲をくすぐる情報が。

鬼はなぜ赤と青? 角や虎の皮の由来は?

富士フイルムビジネスイノベーション CT203173 トナーカートリッジ ブラック(K) CT203173

昔話に出てくる鬼のイメージといえば、肌が赤く角が生えて、虎の毛皮をまとい、金棒を持った姿。赤鬼・青鬼の色については諸説あり、そのうちの一つは仏教思想において人間が克服すべき煩悩である「貪欲」と「怒り」が、それぞれ赤と青で表現されているというもの。また、鬼が角を持つようになった経緯には、諸説あるそうですが、最もメジャーなのが「鬼門に居座るため」だそう。鬼門にあたる丑寅の方角にいるため、牛(丑)の角をもち、寅(虎)の皮を身につけているのだとか。ちなみに、かの有名な昔話『桃太郎』は、鬼を避けるために鬼門の方角に桃の木を植えたという風習に由来するという説も。

【マラソン期間中P5】ソファー座椅子/フロアチェア 【イエロー/グレー】 北欧風 ツートーンカラー リクライニング 『ピグレットJrノルディック1P』 座椅子

鬼瓦家守

鬼瓦と言われる、社寺や日本建築の邪気を祓い、そこに住む家族を守る役割を持った瓦も展示。“鬼師”と呼ばれる職人が丹念に仕上げた鬼瓦は、魂が宿った迫力ある表情で、どことなく鬼師に似た雰囲気が感じられます。空間デザインを損なわないサイズ感なので、本来の用途以外にも、インテリアとして飾っても素敵です。

NEC PR-L9200C-11~14 【リサイクル】トナー 4色セット

出典:『「仏」と「鬼」の謎を楽しむ本』(グループSKIT著PHP研究所)より一部抜粋。

※本記事上の情報は公開時点のものになります。最新情報は公式ホームページにてご確認ください。

人気のキーワード

WWW.GOLDEN-TECH.NET RSS